江戸呑み……め乃惣(神楽坂)

■江戸東京…敬意を表する先輩同輩が営む名店

■め乃惣(神楽坂)

 

JR飯田橋駅を降り外堀通りから神楽坂を登り善国寺手前右側の一帯・・・大正時代に隆盛を誇った花街「神楽坂」特有の石畳の路地が入り組み最近では「かくれんぼ横丁」などと称される。その横丁の一角に昭和五十一年名高き料亭うを徳の支店として創業した小割烹「め乃葱」。聞けばこの店は料亭街神楽坂におけるカウンター割烹のはしり…いわば私のような呑ん兵衛にこの地で初めて門を開いてくれた店といっても過言ではないのだ。主に最近日本橋・浅草等俗に言う江戸下町を中心に徘徊しているが、たまには荒木町・神楽坂等山の手(?)で一杯やるのもよかろうと思い、前もって開店時刻の午後六時に予約をいれておく。

 暖簾をくぐるとカウンターの右端に通される。まだ先客はない。とりあえずキリンラガーをもらい料理はお任せでと伝える。先付けにエシャレットもろ味噌胡瓜・蛤のベイクドクラムのようなもの・鮎の干物・味噌田楽、それからモズク酢。どれも旨い。それから鱧とじゅんさいの吸い物、お造りの三点盛りが運ばれる。吸い物は鱧の上品な地にじゅん菜特有の食感があいまって旨い。お造りはインド鮪・コチ・白イカ。十四代愛山の純米吟醸をもらい新鮮な山葵でお造りをいただく。旨い、酒がすすむ。十四代の替わりをもらう。

 この後に小鮎の塩焼きが運ばれる。蓼酢でいただく。そして料理の鉄人に勝利した際に審査員に提供されたという海老しんじょ。上品な味にふわふわな食感が絶妙でさすがに旨いのひとこと。ここで初亀の吟醸酒をもらう。海老しんじょは3個それに甘唐辛子の素揚げも二つついているので、初亀一合の肴にはこれで十分だ。ちょうど初亀を呑みきり肴も無くなったタイミングで冬瓜と鶏の煮物が運ばれる。白鷹の燗酒をもらう。冬瓜にほ鶏の旨味が充分に含ませてあり旨い。また味もさることながら冬瓜が照りよく仕上がっており見た目にも美しい。

全て食べきったところで涼風中華麺。涼しげな硝子の器に澄んだ和風出汁のスープの冷しラーメンに高菜を刻んだものが添えられている。冷たくさっぱりしておりすでに腹八分目を超えていたが何とか完食できた。デザートに西瓜。店内はカウンター6席のほか四人掛けのテーブルが2席があるが、テーブルはいずれも7時の予約であろう二人組みですでに塞がっている。店が慌しくなる前にお暇することにする。外は夕方一旦あがったと思ったが再び小雨。日本橋方面へ移動してもう一杯だけやることにする。 


■め乃惣

 

東京都新宿区神楽坂4−3

03−3267−8180