江戸呑み……大根(茅場町)

■江戸東京…敬意を表する先輩同輩が営む名店

■大根(茅場町)

 

新大橋通り八丁堀の交差点を茅場町二丁目方面へ少し歩くと右に茅場町ブロードスクエア、左に吉野家の牛丼。その吉野家の角を左折すると左側に人気居酒屋店の「大根」。純粋な居酒屋店というよりも第三世代居酒屋、或いはモダンな内装の小料理屋風居酒屋といったほうが適当かもしれない。店名の大根は”おおね”と読みご主人の名字だと聞いている。人形町の「釉月」などと同様に雑誌やグルメサイトなどのメディアへの露出度も高く一度訪問してみたいと考えていたが、なかなかいままで訪れる機会に恵まれなかった。今回急な予約であったが席が確保できたので初訪問することに 。ちなみに毎回店内での写真の撮影については事前に許可をもらうようにしているが、その際この店ではメニューと人の顔については撮影を遠慮してほしいという申し出があった。「分かりました」と言い自分が注文した料理だけ撮影させてもらうことにする。

6時ちょうどに入店するとカウンター中央に通される。店内の照明は若干暗めでバーかラウンジのような趣だ。先ほど鳥徳でちょこっと湿らせてきたのでビールは省略、酒屋八兵衛の山廃原酒をもらう。肴には本ししゃも・鯖へしこ・金目鯛刺身を頼む。まずは金目刺が運ばれる。厚めの短冊にとられた金目は脂がのっていて身の色も美しい。それを八兵衛で流す・・・・旨い。次に焼き台の上にあった本ししゃもがくる。北海道道南の鵡川や広尾でこの時期のみ漁が許される旬の酒肴である。その中でも身に脂がのり旨いとされるのは雄だ。熱いうちにいただく。これも旨い酒がすすむ。

 酒の替わりをもらうとちょうど鯖へしこの炙りも運ばれる。へしこ漬けは福井の郷土品で好きな人は洗っただけの生を食べるというが、酒の肴には軽く炙ってあったほうが有難い。もうこれだけで五合位いけそうな酒呑み殺しの一品である。少し腹に入れたほうが良いと思い万願寺唐辛子とジャコのサッと傷めと煮染め大根を追加する。万願寺唐辛子は炒め具合が絶妙でジャコと出汁・削り節とマッチして旨い。煮染め大根はとろろ昆布と浅葱が添えられ旨いのだが、私のような飲兵衛が中盤以降で頼むにしては量が多い。2~3人のグループで来店し皆で分け合うのが得策だろう。

7時を過ぎると続々と予約客が来店する。一見さんが全員断られているところをみると、恐らくカウンターも全て予約でいっぱいなのであろう。残っている鯖へしこで酒をもう一杯だけやってお勘定をしてもらう。茅場町の人気店「大根」・・・初めての訪問であったがリーズナブルな割には満足のいく内容であった。ご主人の仕事の丁寧さ・出来上がりの美しさに感服。やはり料理を綺麗かつ美味しく見せる演出というのは、人気店にとっては必要不可欠な要素なのだと感じた。


■大根(おおね)

 

東京都中央区日本橋茅場町3丁目8–10

リベラ茅場町1F

03−3666−6976