江戸呑み……志づ香(深川)

■江戸東京…敬意を表する先輩同輩が営む名店

■志づ香(深川)

 

深川…現在の門前仲町がある辺りは江戸時代深川八幡宮の門前町でもともと岡場所として栄えた一帯。辰巳芸者で有名な花町は大変栄えており、木場に関わる旦那衆達の接待や会合の場所として大変な繁栄をみせた場所柄。そういったルーツゆえにこの一帯は今現在でも多くの飲食店が軒を列ね、東京下町でも有数の繁華街を形成している。ちなみに現在江東区に存在する「辰巳」という地名は昭和の埋め立て地であるが故先述の江戸時代の話とは関係ない。辰巳芸者の「辰巳」とは深川が日本橋の南東(辰巳の方角)にあるが故そう呼ばれるようになった門前仲町・福住あたりの別称である。門前仲町交差点1丁目側永代通りより一本南側の路地に小料理「志づ香」。帰国初日の晩に知人と一杯やろうとあらかじめ数日前に予約しておく。

予約時刻の7時ちょうどに店に入るとカウンターの真ん中に通される。先客はカウンターに2人組、奥のテーブル席に3~4人。サッポロ赤星で喉を潤す、旨い。この店では基本的に料理をコースで頼むスタイルとなっている。今日の先付けは小松菜の煮浸し。続いてお造りが運ばれる。鮪の漬け、蝦蛄、鯖、ヒラメ。どれも旨い。今日のお造りの魚は産地は明らかではないが遠洋マグロが三崎に集まることを考えれば、ほぼ東京湾・外房で採れるもの。何とも粋である。ぬるめの燗酒をもらう。続いて穴子の白焼き。山葵で食べるが脂が程よく落ちていてこれも美味。酒がすすむ。

 

続いて百合根の饅頭と牡蠣の雲丹焼きがやってくる。百合根の饅頭は餡がかけられており少々腹に張るが空きっ腹で呑みがちな呑ん兵衛には有り難い一品。吸物同様少し腹に入れておいた方が体に優しい。牡蠣の雲丹焼きは味が濃いめで燗酒によく合う。少しずつつつきながら燗酒をやれば自然と顔が綻んでくる。この頃になると予約客が全て揃いカウンターは満席となる。酒の替わりをもらう。つぎに白子の湯葉巻きが運ばれる。これも最高の酒肴一品、濃厚な白子の味わいと揚げられて香ばしくなった湯葉のコントラストが絶妙である。まったりとしていて旨い。酒の肴はこれで終わり、この後〆の稲庭うどんが出るというので替わりの燗酒を小徳利で一本追加する。

最後の徳利をちびちびやり料理を全て食べ終わったところで〆の稲庭うどんが運ばれる。うどんは私の知る稲庭のものより若干太く鰹出汁でさっぱり上品な味わい。豚骨ラーメンなどと違い呑んだ後でも無理なく食べられるのがよい。約2時間程呑んでお勘定。今晩は折角門前仲町にいるのだからもう一件くらいやってから帰りたい。


■志づ香

 

東京都江東区門前仲町1丁目4−10

スウィングビル1F

03−3641−6706